富士子の日常☆

富士子の日常☆

昨日の敬老の日は皆さま如何お過ごしでしたか?

私達山吹は連休の日曜日を開け
昨日もランチは営業させて頂きました。

さすがの敬老の日で忙しい時間を過ごさせて頂きました。

おじいちゃま、おばあちゃまを連れてやんばるまで足をのばす
ご家族が多く、家族に囲まれたおじいちゃま、
おばあちゃまの嬉しそうな笑顔を見ていると、
日本は幸せなんだと思えたよい時間でした。
つれあいの母、富士子は御歳76才☆
足が弱りつつも一緒に、
私が支えているという強い気持ちを持ち、
昨日も働いてくれてます。

商いをしだして母の日もちろん敬老の日も
よそ事なんていいながら楽しそうにしていますが…。
心の中はやっぱり寂しいのかもしれませんね。
県内には私達二人しかおりませんので
七人の孫から届くプレゼントを実はとても楽しみにしています。

昨日は夕方から三人で
那覇へ行こうと約束をしていたのですが、
国道のあまりの混雑に反対の本部町へとでかけました。

本部町に住む知人に店を紹介してもらって
行った居酒屋は『海』という店☆

名前通りに刺身や握りが美味しかった☆

三人で家族だけで仕事の事など考えずただ美味しいごはんの時…

時々は
『あんた達も歳をとれば
私の気持ちがわかるから早く歳とりなさいよ』
なーんてツレアイに愚痴もこぼすけど、
今なら私もその母の気持ちが
少し理解出来る歳になったようです。
まだまだ若いと思っていても子供達に
負担だと言わせたくない母の親心なのでしょうか?
365日、
年々色んな、
今日は何の日ですなんて増えていくけれど、
そういう日がある事で日頃流されぎみな事にも向き合っていける、そして『有り難う』という言葉が
母への力となればいいなと思うよい一日でした。

明日はまたきっといつもの喧嘩もしながらの
富士子の日常なのでしょうが、
母はそんな日々も幸せだと感じているのでしょうか?
だって、
口には出さずともツレアイの事がいつまでも
子供で愛しい息子なのでしょうから☆

私にもいつかやってくるかもしれない老後…
ちょっとだけ恐いけど少し覗きみる
勇気と心が必要になる…。

でも

でも

まだ考えたくないよね。

だって歳の割には隠れた太ももには
まだまだ弾力が残ってるもんね☆(笑)

明日も皆さまにもよい事が沢山訪れますように☆☆

前の記事

幸せギフト☆☆

次の記事

リリアンと☆