「グリーンブック」より

「グリーンブック」2018年米

アカデミー賞他数々の賞を総なめにしたこの映画。

納得と感動の作品。

シカゴ行きのフライトで観た時は画面も小さくて

フライドチキンの情報ばかりが先入してたから記憶が曖昧だった。

Netflixで配信しての観賞、

1962年ニューヨーク、

バーの用心棒トニーは腕を見込まれ

カーネギーホールの上で暮らす黒人天才ピアニストのドクターシャーリーと

2ヶ月のピアノ演奏の旅に出る。

育った環境の違いのふたり旅。

ふてくされた態度のデカイトニーの態度

この先どうなるのかとオロオロしながら観てた。

未だ南部は人種差別の強い時代。

どんなに優秀でも黒人というだけで差別の濃い時代。

トニーはその度シャーリーの穏やかで気品ある態度に徐々に引き込まれてて行く。

トニーは用心棒としての役目を果たしながらもシャーリーの影響を受ける。

言葉や態度の変化も楽しかった。

その後も二人は生涯の友として生きた実話に基づく映画。

今日も山吹をお引き立て下さり誠にありがとうございます。

結納用のお弁当でリモート結納をされてご両家♪素敵ですね。

そして会議用オードブル♪

明日も皆様にとって素敵な一日をお過ごしくださいね☆

前の記事

赤が沁みて来る✨

次の記事

「ワンチャンス」より