夜空と本と☆

夜空と本と☆

夢見る乙女は夜空を見上げて

この壮大なる宇宙から私を目掛けて何か落ちては
こないかとふと思う

もちろん落ちてくるのは形のある何かではなくて

面白くときめく何かの事だ

人は毎日が平凡に幸せに暮らせる事が幸せなんだろうけど

何故だろう、
明日に止まっているような気がしてならず

自分の手で見つけるのにちょっとばかり疲れてしまうと

そらを見上げては棚ぼた気分を望むのである。

今日も一日山吹をお引き立て下さり
誠に有難うございます。

東京で暮らす知人から送られて来たのはこの雑誌

昭和を代表するいつまでも美しい人へという
文藝春秋スペシャル版だ☆

その方々の若かりし頃は知らないけれど

老いてもなおいっそう旬が続く人達

例えば加山雄三、高倉健、吉永小百合に八千草薫など…

「多くの人があえぎながら生きていく人生の中で、

その人の心意気を垣間見た時、僕は美しいと感じる。

美しさとは、他者に対しての優しさではないか」

高倉健さんの語りだった。

きっと優しさには裏打ちした自然体の強さが
高倉健さんにはある…

棚ぼたを宇宙に望む私…反省だね。

昨日のお客様☆

とても私を躾けてくれる有難いお客様仲宗根さまです。

ヒューストンでエンジニアをする息子さんを連れて
お姉様が里帰りです。

半世紀近くアメリカ暮らし☆

ドップリと見た目もアメリカンなお姉様でした。

かっこよかったなァ~☆

レイモンドさん、又沖縄へ帰って来てね☆

明日も皆様にとって素敵な一日でありますように☆

次の記事

幸せの基準☆