相手の立場にたって☆

相手の立場にたって☆

「夢が叶う類の本が一杯出ているけど
あれはいかに夢が叶ってないかを証明している。

僕なら寧ろ思うようにいかないのが人生だとかんがえる。

そういう現実があるからこそちょっと上手くいった時の
小さな幸せに幸せを感じる。

雨が続いた後のお天道様に感謝するみたいにね」

これは言葉の宝石箱から抜粋した高田純次さんの言葉♪

去年タレント別CM出演で一位に輝き

ミスター適当こと高田純次さんの適当でない言葉♪

今日も一日山吹をお引き立て下さり
誠に有難うございます。

人生を同年生きてきた西原町の皆様です。

西原中学の同級生で北部散策に来てくれました。

つれあいのお友達がいたので私達も
加わって記念写真です。

プロのカメラマンも一緒に来てくれたので
彼に撮ってもらった。

彼が撮ってあげるからと私のiPhoneを預かるというのに

そんな事をお客様にさせちゃいけないと
遠慮していたら

彼は捻くれた…

というより

彼のお仕事を私がとってしまった。

よくよく考えてみるとお互いが
遠慮とサービスの気持ちで思い合ったといえば
美しいけれど

違うんですね。

巴里旅行に行ったお友達が道路に落ちてるゴミを
拾おうとしたら

ぼくの仕事をとるな!と

すごい顔をしていたとか…

思い合ったつもりがそこにはそれぞれの役目があったんだ。

それを思い出した私は…

「ゴメンゴメン、私あなたの仕事とってしまったのね。
お願いします」

といってiPhoneを手渡したら

「僕は今日その為に来たんだよ。本当、捻くれたさ~」

良かった、周りの皆様はそんなやり取りに
どう感じていたかは知らないけれど

それってもし彼が黙って帰っていたら私は
カメラマンの事を不愉快にさせていたのかもしれない。

小さなことだなんて思わず

大切な事と思いたい。

今日も少しだけ大人に慣れたかなァ~。

お天気のよかった桜祭りは一日中賑やかな山吹でした。

明日も皆様にとって素敵な一日を☆

前の記事

元気な兄弟☆

次の記事

一人ゴチて☆