悲しみに…

悲しみに…

冬の季節になると空は決まって灰色の顔を
している。

沖縄の冬は雨ばかり…

雨が降り続くと湿った匂いがする室内

外へ出ても空気は灰色にしか映らず、
益々私の心は重くなってくる。

普段と変わらない生活をしているのに

心が輝く事はなく沈んでしまう。

車内から降る雨を見ながら、
流れる風景はどこもみんな悲しい顔をしていて

自然がこんなにも私に近かったってあらためて思う。

庭の栴檀や梅の木やコニファー達は
雨粒でキラキラしてる。

そんな風に自然の空や空気や樹木の事
あまり考えてなかったなァ~

雨だから?こんな時は

お腹辺りの身体の真ん中あたりに潜んでいる

捻くれた気持ちとか

怠け者とかが顔を覗かせる訳で

何にもしたくないダラダラとして

しまいには悪態ついてしまいたい。

傘を捨てて雨に打たれてみようかな

何か変わった気分になれるだろうか?

先日、仲良しのとっても仲良しの家族に
不幸があった…

息子みたいに可愛い彼が天国へ行った。

今が一番楽しい二十代という若さで…

悔しくて悲しくて寂しくて…

浮かんで来るのは彼の細めた目の愛おしい笑顔ばかり

先日までおばさんおばさんって呼んでたのに

こんな日もあるさなんていいたくない

そんな日はもうしばらくはゴメンだ。

今日は初七日です。

いつも山吹をお引き立て下さり
心より感謝申し上げます。

本日のコースより

ぐるぐんの湯葉包み焼き☆

マッシュポテトの片抜きに島人参、京人参、
ブロッコリー、島豆腐のをスクウェア―カットして☆

明日も皆様にはもっともっと一杯の幸せがありますように。

前の記事

求めているものは?

次の記事

香りは大切☆