待ち遠しやお年賀☆

待ち遠しやお年賀☆

例えば…

わたしなら

目の前に映る風景と一緒に時を過ごすし

目の前の誰かに笑顔になったり

ちょっぴり違うよなんて言い訳したりする

その男の人は

そんな普通に生きるのと違う

目で見えるのを見るのではなく

彼だけの世界を見ているような気がする。

多分

彼の目は少年のような目をしていた

と、言うのがぴったり

何かに夢中になっている人は

宇宙の中に自分しか存在していないと言う錯覚になり

でもそれは決して隣や周りにいる誰かを

無視している訳じゃなく

夢中になっている彼は感動のビームを

周りに与えている

真夜中のテレビ

天文に見せられた彼に引き寄せられた私

なんという番組か

そして彼の名前は何というのか

知らずにいる

また会えるかな

彼に。

今日も山吹をご利用下さり

誠に有難うございます。

時系列に日記を書くより

気の向くままに書きたい

あまりお店の事がわからなくてごめんなさい

今日は名護市新春のつどいに参加してきました。

少年の目を探しに☆

そして

このお年賀は

もう五才になったかの元スタッフの息子の絵です。

おじいちゃんは画家

一緒に暮らしている訳じゃないのに

しっかり受け継いでるこのセンス☆

将来楽しみ

毎年楽しみにしているお年賀の一つです。

今日は日本中寒い一日でした。

風邪等引かないように

あたたかくしてお休みなさい。

よい一日を☆

前の記事

初商い☆

次の記事

エンジェル☆